ユーロ紙幣と硬貨の種類

通貨:

ユーロ

中央銀行:

欧州中央銀行

通貨記号:

補助通貨単位:

¢ セント

紙幣の種類:

€5, €10, €20, €50, €100, €200, €500

硬貨の種類:

1c, 2c, 5c, 10c, 20c, 50c, €1, €2

ユーロはヨーロッパ25カ国で流通しています。ユーロがあれば、ヨーロッパの複数ヶ国を楽しむことができます。ユーロ紙幣に印字されいる番号の先頭の文字によって、その紙幣がどこの国で印刷されたものか識別できるようになっています。

通貨単位はユーロ(€、EURO、EUR)、補助通貨単位はセント(CENT)です。紙幣の種類は5、10、20、50、100、200、500ユーロ。

硬貨の種類は1、2、5、10、20、50セント、1、2ユーロです。


外貨両替専門店ならではのサービスをご提供

豊富なお取扱い通貨

米ドル、ユーロ、台湾ドルなど豊富な31通貨のお取扱い

便利な営業時間

ほとんどの店舗でアフター5も営業

アクセスに便利な立地

空港や駅中、ショッピングセンター、観光地などアクセスに便利

簡単スピーディーなお取引

お取引時の両替申込書が不要で、簡単・便利

クレジットカードもご利用可能

トラベレックスの店頭でのご両替なら、JCB、Mastercard、ライフカードのクレジットカードで外貨購入可能
※ビューカード系列店舗ではクレジットカード払いをお受けできません。

外貨宅配サービス「トラベレックス・オンライン」

外貨をご自宅・お勤め先まで宅配、決済の種類も豊富
店頭でのお受取も可能


ヨーロッパの支払いオプション

ヨーロッパの支払いオプションは、訪問する国によって大きく異なります。 一般に、クレジットカードとトラベルマネーカードは広く受け入れられていますが、手持ちの現金も必要になる場合があります。

ヨーロッパにおいては一般的な支払い方法として受入れられています。 小さなお店を訪れた際、カード利用時にクレジットカードで支払いができる下限額を設定している店舗が多いのでユーロの現金をもっていくことが推奨されます。 さらに、チップや公共交通機関は現金のみの支払いとなるケースがほとんどです。 ヨーロッパを旅行するときは、スリにも気をつけましょう。

ヨーロッパでの現金の必要性

ヨーロッパの国々で現金はすべての国で受け入れられています。ヨーロッパの一部の国や田舎では小さなお土産屋さんなどでは現金での支払いが必要になります。チップも現金でとなるので、より現金の必要性があります。 ヨーロッパを旅行する際の注意:ヨーロッパではスリが多発している地域があるので、じゅうぶんに気をつけて財布を管理しましょう。

海外専用プリペイドカードは、お金の入金時に為替レートを固定することができるので、為替リスクを回避することができます。複数通貨を入金することもできるので、大変便利です。

海外専用プリペイドカードのメリット

海外専用プリペイドカードを使用すると、複数通貨を入金することができます。ヨーロッパ各地を旅する場合には、大変便利です。海外専用プリペイドカードだとスリにあった場合、すぐにカードを停止し、スペアカード(お申込み時にご提供します)を使用することができるので、安心です。

ヨーロッパ旅行では、クレジットカードやデビットカードでの支払いももちろんできます。カードで支払う場合は、各店舗でクレジットカードが利用できる最低金額が設定されている場合が多いので、現金をもっていくととても便利です。

メリット:カードブランドはVISAとマスターカードが主流です。

ヨーロッパのほとんどの国にATMがあり、必要に応じて現金の引き出しが可能です。

ヨーロッパのほとんどの国特に大都市だけでなく小さな町でもATMは簡単に見つかります。ATMを利用するメリット:日本のカードを利用して現地から現金を引きだすと手数料が発生する場合があります。小額の金額を現地で引き出す予定があるようでしたら、日本で十分に両替をして渡航しましょう。


ヨーロッパでの支払い方法について

ヨーロッパには多くの国が存在しており、支払い方法は国ごとに違う可能性があります。ヨーロッパの旅行が最大限楽しめるよう、以下に注意をしてください。


  • ほとんどのヨーロッパの国ではチップの慣習が一般的ですが、スウェーデン、フィンランド、アイスランド、デンマークなどのスカンジナビア諸国では特に必要です
  • ギリシャに旅行をされる方は、なるべく現金をもっていきましょう。小さなお土産屋さんでは、現金のみのお店が多いです。また額の大きい紙幣を受取らない場所もあるので、できるだけ細かくして渡航しましょう。
  • ヨーロッパでATMを利用する際は、カードで使用する4桁のPINコードが必要になります。
  • ユーロが公式に使用されていない一部の国で、ユーロの使用ができる国があります。アルバニア、ポーランド、チェコ共和国です。使えないお店も多いので、現地通貨をもっていくことをお勧めします。
  • American Expressは、加盟店手数料金が高いため、ヨーロッパでは使えないお店が多いです。
v